高品質な作業服とアームカバーの選び方

作業服は作りが頑丈で生地が傷みにくく、通気性が良い物が長時間の着用に適しています。

また、手首から腕の部分を覆うアームカバーは作業服の袖口へのひっかけや異物の侵入を防ぐ効果があるので、作業服と同様に高品質の製品を選ぶことが大切です。

目的に適した作業服やアームカバーの選び方を学び、業務の効率化を図りましょう。

作業服を選ぶ目的と形状による特徴の違い

作業服は主に肉体労働に従事する際に着用する衣類の総称ですが、一般的には工場や工事現場などで働く人が着る専用の衣服を指します。作業服は作りが頑丈で傷みが生じにくい生地が使われていることから、油脂や薬品などの刺激物にある程度の耐性があるのが特徴です。

また、作業服の多くはポケットにボタンやファスナーが付いているので異物が入り込む心配が無く、突起物による引っかけも起きにくくなっています。同じ作業服の名称で扱われる衣類も用途別に必要な機能や最適なデザインが異なるので、選ぶ際は慎重に判断することが大切です。

ジャケットとズボンが一体化しているつなぎは作業服の一般的なイメージとして知られていますが、つなぎは上下が分かれていることによる異物の侵入を防ぐ目的で使用されています。細かい部品や有害な固形物を扱う仕事ではつなぎが最適な作業服と見做されます。

その一方でつなぎは上下が繋がっているので着脱に手間がかかる他、生地の柔軟性も低いことから体をかがめるのには不向きなので注意が必要です。また、上下に分かれている一般的な作業服よりも高額な製品が多いことから、購入の際は予算と照らし合わせて判断することになります。

アームカバーが作業現場で重宝される理由

アームカバーは腕抜きとも呼ばれ、主に手首からひじの部分までを覆う筒状の衣類です。アームカバーはスポーツウェアの一種としても扱われますが、一般的には作業員が手首を保護する目的で使用する実用品を指します。アームカバーが作業現場で重宝されるのは異物の侵入を防ぎ、手首を保護出来るのが大きな理由です。

工場や工事現場など体を動かす機会が多い職場では袖口から異物が入り込んでしまうトラブルが生じることがあります。高温であったり人体に有害な成分を含む物が入り込むと重大な健康被害に見舞われますが、アームカバーで袖口を覆うことで異物進入のトラブルを回避することが可能です。

アームカバーは生地を筒状にしただけの簡単な作りなので誰でも容易に扱える他、安価で購入出来ることから広く普及しています。アームカバーは体に馴染みやすい綿やアクリルなどの繊維で作られた布が使われているのが普通ですが、水濡れが起きやすい環境で使えるビニール製のアームカバーも作られています。

水を弾くので袖口を濡らす心配が無いのが利点ですが、手首を覆う部分はゴムによる簡易的な締め付けに留まるので水中に入れると手首に水が入り込んでしまいます。また、ビニール生地は高温で溶けてしまう他、引っかけにも弱いので金具や溶接機器を扱う現場での使用には適していません。

そのため、アームカバーで手首部分を保護する際は周囲の環境に適した物を選ぶことを心がけます。

作業服やアームカバーを安く購入するための工夫

作業服やアームカバーは作業用品の専門店やホームセンターで販売されている他、工業製品を扱う通販業者の多くが扱っています。作業服は過酷な環境で使うことを前提に作られているので頑丈ですが、その分一般的なカジュアル衣料と比べて高額な製品が多数を占めています。

また、アームカバーは消耗品としての側面があるので安価で購入出来ますが、生地が傷んで穴が開くと異物進入を防ぐ効果が無くなります。そのため、頻繁に買い替える必要があるので長期的には支出額が大きくなるのが注意点です。

作業服やアームカバーを安く買うためには複数の販売店を比較するのが無難な方法ですが、安価な製品は品質もそれなりに留まる物が多いので慎重に判断します。

その反面、特殊な用途に特化したデザインの作業服は製造数が少ないので割高な価格設定になっているのが普通ですが、市場での価格と耐久性をはじめとする品質の良し悪しは必ずしも比例はしません。用途に適したデザインの作業服を選び、その中から耐久性や着心地の良い製品を見つけるのが過酷な環境でも安心して着こなすための条件になります。

近年になって増加した通販サイトでは高品質の作業服を大きく割り引いて販売していることがあります。セール期間を確認したうえで複数の業者を比較し、製品の価格と送料を照らし合わせて判断するのが支出額を抑える工夫の一つです。

安価なアームカバーの利便性と長持ちさせる工夫

アームカバーは手首を保護するための衣料品の一種ですが、消耗品として扱われることが多いので販売価格が安価に設定されている物が多数を占めます。百円ショップなどの量販店でも購入出来るのが利便性の高さに繋がっている反面、極端に安い製品は品質が低いこともあるので使う際は注意が必要です。

特に手首にはまる部分は異物の侵入を防ぐためにゴム締めになっていますが、安物の製品はゴムがすぐに劣化して延びてしまうので手首を保護する効果を保つことが出来ません。また、アームカバーは腕の動きを阻害しないように薄手の生地で作られている物が殆どなので、作業服と同じように強力な洗剤で擦りながら洗うとすぐに傷んでしまいます。

アームカバーは作業用であっても普通の衣類と同様に刺激を与えない方法で洗濯するのが長持ちさせるための工夫になります。

お気に入りの作業服のお手入れ方法

体に馴染んだ作業服は着心地が良く、体を動かしやすいので作業の効率化が可能です。その一方で長く着続けていると次第に生地が摩耗し、遂には穴が開いてしまうことがあります。生地の傷みは引っかけや刺激物の付着による大きな破れに繋がるので速やかな対処が不可欠です。

お気に入りの一着を長持ちさせるためには生地の傷みを抑え、劣化しないように丁寧に扱うことが重要になります。作業服の生地は熱水や油脂、薬品によって傷むので出来るだけ汚れを付けないようにする他、付着した汚れはすぐに洗い流すのが劣化を抑えるための心得です。

また、摩耗した生地の破れを防ぐには裏地に補強用の布を貼り付けるのが効果的な方法になります。ひじやひざなどすり減りやすい部分は傷みの進行も早いので、厚手の布を使って補強することが大切です。ポケット部分を引っかけて作業服を破いてしまうケースもあることから、使わないポケットは取り除いておくのも傷みを防ぐ工夫の一つになります。

関連資料→作業着 かっこいい